2019.10.14 Monday
背・座の張り替え

 

No.42 chair の背、座の張り替え。

ファブリックからレザーに変更をして見た目の印象もガラリと、またウレタンも変えたことで座り心地もしっくりと。木部は、貴重なローズウッドで製作されております。張り替えをご検討中の方は、どうぞお気軽にご相談くださいませ、おすすめですよ。

 

 

| furniture |


2019.08.09 Friday
Stacking

 

スタッキングが可能な「Plain stool」。自宅や店舗など、思い思いの場所でご使用いただけます。使い勝手の幅が広がり、いろいろな場所で美しく活躍してくれることでしょう。

 

 

 

Mark   Plain stool

 

| furniture |


2019.07.29 Monday
C chair

 

使用する材料の厚みを1インチに統一し、接合方法を工夫することで軽量で軽快なチェアとなっています。

Cの形をした背当てがそっと身体に寄り添ってくれ、座面はゆったりと優しい座り心地です。

 

 

前後の脚が繋がった台形のフレームは、畳ずりがついており、畳のお部屋や柔らかい床でも傷つける心配なくお使いいただけます。

少しユニークなデザインとどこか優しい雰囲気で空間に美しく馴染む一脚です。

 

 

Makoto Koizumi   C chair (beech x leather/camel)

 

| furniture |


2019.07.20 Saturday
Plain stool

 

ナラの無垢材の座面と鉄の脚で作られた「Plain stool」。鉄という素材から作られた脚は、線が細く美しいラインに仕上がっています。繊細でありながら柔らかい印象を感じさせる鉄の脚とナラ材の座面は、使う人それぞれ、思い思いの場所で活躍してくれるスツールとなっています。

 

 

 

Mark manna furniture service   Plain stool

 

| furniture |


2019.07.01 Monday
UNI master

 

カイ・クリスチャンセンの『UNI master』。
『4110 (UNI senior)』の改良復刻以来、じっくりと開発が進められたアームタイプのチェア。脚や背もたれなど『4110 (UNI senior)』の美しい姿をそのままに残しながら、アームレストやその接合部は滑らかで美しい仕上がりとなっており、細部には繊細な印象を持ちながらも、しっかりとした存在感のある素晴らしいチェアです。

 

 

また、『4110 (UNI senior)』よりも横幅を少し広くすることで、立つ、座るという動作がスムーズに出来るようにデザインされており、更にアームレストは程よい幅でくつろぎやすく、ゆるやかな曲線の背もたれが優しく体を受けとめてくれるので座り心地にも大変優れています。マスターという名に相応しい美しく洗練された佇まいと快適な座り心地でゆったりとした時間を過ごすことのできる、上質な一脚となっています。

 

 

Kai Kristiansen   UNI master (oak x gray)

 

| furniture |


2019.05.04 Saturday
UNI stool

 

ブラックチェリーと淡いピンクの張り地の『UNI stool』。

優しい雰囲気のスツールと一緒にゆったりとした時間が流れます。

 

 

三本脚、三角座面が特徴的なスツール。脚部、三角座面の輪郭、クッションにそなわる緩やかなカーブ、丸みのあるデザインで構成された優しい印象に仕上がっています。そんなスツールが毎日の生活で穏やかな空間を感じさせてくれます。シンプルだけど個性的、こんなスツールは、想像以上に愛着がわくこと間違いなしです。

 

 

Kai Kristiansen   UNI stool (black cherry x t-red)

 

| furniture |


2019.04.19 Friday
No.42 chair

 

ウォールナット材とレッドの張り地の組み合わせが美しい一脚に仕上がりました。

ゆったりとした快適な座り心地、エッジの効いたハーフアームと傾斜した後脚のフォルム、極上の一脚です。

 

 

可動式の背もたれが美しいラインでしっかりと体を受け止めます、使い勝手の良いハーフアームは毎日の生活をゆったりと穏やかな時間へと導いてくれます。テーブルの下にもスッキリと収まり日本の住宅にもスッと馴染んでくれる美しいチェアです。

 

 

Kai Kristiansen   No.42 chair (walnut x red)

 

| furniture |


2019.04.13 Saturday
Paper Knife Sofa 3seat

 

綺麗なグリーンの張り地とナラ材の組み合わせが美しいソファーに仕上がりました。

ペーパーナイフのようなアームの美しさ、無垢材の存在感、人間工学に基づいた上質な座り心地、理想のソファがここにあります。

 

 

 

Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)   Paper Knife Sofa 3seat (oak x green)

 

| furniture |


2019.03.19 Tuesday
J46

 

デンマーク国民の5人に1人が所有したと言われている「J46」。

日本ではモーエンセンやウェグナーが有名ですが、FDBモブラーからの評価は最大のヒットを生んだヴォルタもまた非常に高く、J46もデンマーク国民のもっとも親しみ深い家具として、FDBモブラー復刻の際、もっとも早く生産されました。モーエンセンから「家具は人々を幸せにする」という信念を受け継ぎ、ウィンザーチェアからさらに装飾を省き、シンプルで加工しやすいスウェーデンのペグチェアの流れを汲み、この「J46」がデザインされました。

 

 

FDB Mobler・Poul M. Volther(ポール・M・ヴォルタ) J46 (natural)

 

 

| furniture |


2019.03.16 Saturday
Raymond Cabinet Low

 

「Landscape Products (ランドスケーププロダクツ) 」の『Raymond Cabinet Low』。

階段下という限られたスペースにぴったりでした。テレビを置いた間を考えると出来るだけ低いローボードを。

 

 

桐という日本における伝統的素材と黒く染色した材を組み合わせて使うことにより、そのシンプルなフォルムをよりシャープに見せてくれます。AVボードとして、内部にはオーディオなどをスマートに収納することができるようになっています。
高さも低めに設計されており、限られた空間の中でも圧迫感を与えることなく心地の良い空間を演出してくれます。

 

 

Landscape Products (ランドスケーププロダクツ)   Raymond Cabinet Low

 

 

| furniture |


CATEGORIES

ページトップへ