2019.10.19 Saturday
多久灰釉板皿

001

 

002

 

003

 

004

 

深澤 和弘さんの「多久灰釉板皿」。
山あいにある多久は、深澤さんの故郷。唐人古場窯跡付近の原土を掘らせていただき制作された作品です。使うほどに味わい深く、器から語りかけてくる表情は毎日の食卓を楽しませてくれます。
 

 

深澤 和弘 (Kazuhiro Fukazawa)   多久灰釉板皿 各種

 

| tableware |


2019.10.14 Monday
焼締スリップ・ハットボウル

002

 

003

 

001

 

一言では語れない魅力がたっぷりと詰まった山田洋次さんの「焼締スリップ」。

ハットの木型をベースに制作されたボウルです、ぜひご覧になってくださいませ。

 

 

山田 洋次 (Yoji Yamada)   焼締スリップ・ハットボウル 各種

 

| tableware |


2019.10.05 Saturday
わら灰釉小皿

023

 

024

 

025

 

026

 

いつもとは少し違う表情で仕上げられた「わら灰釉小皿」。

雰囲気良く出番が多そうです。

 

 

深澤 和弘 (Kazuhiro Fukazawa)   わら灰釉小皿 各種

 

| tableware |


2019.09.24 Tuesday
わら灰釉中皿

 

個性的な表情に魅了される深澤和弘さんの「わら灰釉」。

テーブルの上にスパイスを与えてくれる作品です、ぜひご覧になってくださいませ。

 

 

 

深澤 和弘 (Kazuhiro Fukazawa)   わら灰釉中皿 022

 

| tableware |


2019.09.14 Saturday
Plate L・渡辺 隆之(Takayuki Watanabe)

 

人の手を極力加えない、自然の力による造形が美しい作品.。

渡辺さんの思いが伝わります。

 

 

渡辺 隆之(Takayuki Watanabe)

 

| tableware |


2019.08.04 Sunday
ボウル LL

002

 

003

 

004

 

現代の生活の中で本当に必要なバランスがここにあるのではないかと思います。

是非ご覧になってくださいませ。

 

 

渡辺 隆之 (Takayuki Watanabe)

 

| tableware |


2019.06.04 Tuesday
焼締スリップ

001

 

002

 

003

 

004

 

005

 

006

 

 

山田洋次さんの『焼締スリップ』。もはや説明不要の格好良さです。

土の風合いや力強さ、温かみなどを感じられる器に仕上がっています。スリップの模様もそれぞれに魅力的で、お料理を盛れば表情豊かに、美しく、日々の食卓を豊かで楽しいものにしてくれます。ぜひ、お気に入りの一枚を見つけてください。

 

 

山田 洋次 (Yoji Yamada)

 

 

| tableware |


2019.04.20 Saturday
わら灰釉鉢

018

 

019

 

020

 

深澤 和弘さんの「わら灰釉鉢」。

使うほどに味わい深い美しい器です、是非ご覧になってくださいませ。

 

 

深澤和弘 (Kazuhiro Fukazawa)

 

| tableware |


2019.04.14 Sunday
粉引飯碗

001

 

002

 

003

 

004

 

山田隆太郎(Ryutaro Yamada)さんの「粉引飯碗」。

おおらかなフォルムに粉引きの柔らかな風合いや色味、優しくもしっかりとした存在感の飯碗です。飯碗としてだけでなく、煮物や和え物を盛っても良く、日々の食卓で使いたい器です。
 

 

山田隆太郎(Ryutaro Yamada)

 

 

| tableware |


2019.04.12 Friday
高足丸皿

 

杉田 明彦さんの『高足丸皿』。

和菓子などを載せたり、ピアスや指輪などのアクセサリーを置いても美しい小さな丸皿です、是非ご覧になってくださいませ。

 

 

 

杉田明彦 (Akihiko Sugita)   高足丸皿

 

| tableware |


CATEGORIES

ページトップへ