<< ちいさなかけら(平四角) | main | 焼締スリップ・花入 >>


2019.10.19 Saturday
多久灰釉板皿

001

 

002

 

003

 

004

 

深澤 和弘さんの「多久灰釉板皿」。
山あいにある多久は、深澤さんの故郷。唐人古場窯跡付近の原土を掘らせていただき制作された作品です。使うほどに味わい深く、器から語りかけてくる表情は毎日の食卓を楽しませてくれます。
 

 

深澤 和弘 (Kazuhiro Fukazawa)   多久灰釉板皿 各種

 

| tableware |


CATEGORIES

ページトップへ